青汁比較

青汁の原材料による選び方について

青汁は野菜不足を解消できると言う飲み物で、健康ブームである現代において、青汁の人気は高くなっています。この商品が出はじめた頃のものは、苦く、飲み難いという印象がついており、実際飲んでみると、青臭いと言うものでした。現在出回っている商品の多くは、飲みにくさを解消し、栄養だけは十分に得られると言う商品が多くなっています。

 

しかし、青汁の選び方により、十分な栄養を補えない事もあると言われており、注意が必要です。因みに、青汁には粉末タイプ、錠剤タイプ、冷凍タイプと言う種類があると言います。一般的に知られているものは、粉末タイプになっていて、それを水などを使って溶かして飲む方法です。

 

ところで、原材料にはどのようなものが利用されているのかですが、これは商品により様々です。代表的なものとしてはケールなどを利用している物が多くあります。ケールは、緑黄色野菜の王様とも呼ばれる野菜で、味的には少々癖がありますので、飲みにくさを持つ野菜と言えます。

 

大麦若葉は、癖の無い食材としても人気があるものです。大麦若葉には、抗酸化作用があり、老化の原因と言われている活性酵素を取り除いてくれる効果を持ちます。また、ゴーヤは一般的な食材としても人気が有りますが、ニガウリと呼ばれている事からも、苦味が強いのが特徴の野菜です。但し、ゴーヤは栄養価が非常に高いのです。

 

熊笹も青汁の原料として利用されている1つになります。熊笹は、切り傷などの薬として古くから使われてきたもので、バンフォリンと言う成分が免疫力を高める効果を持っています。このように、栄養価が高い原材料は色々な物がある事が解りましたが、問題は飲みやすさがあるか無いかで、青汁を飲み続けられるか否かが決まります。

 

先ほども説明をしたように、青汁は粉末だけではなく、錠剤などもありますので、錠剤を数粒毎日摂取する事で、十分な栄養を摂れるという利点もあります。錠剤であれば、味に関係なく摂取する事も可能になると言う利点があるわけです。


このページの先頭へ戻る